2019/05/24

高断熱なのに湿気やカビに強い!呼吸する家の仕組み(セルローズファイバー)

セルローズファイバーの断熱材は断熱性も気密性も高いのに湿気がこもりません。
湿気の多い時期も乾燥の季節も適度な湿度が保たれて快適!
それはなぜなのでしょうか?

セルローズファイバーは木質繊維を古紙から再利用した自然素材です。
その特徴のひとつが調湿性に優れていることです。

一般的に使われているグラスウールは、壁の中へ水蒸気が進入すると結露を起こし易く、壁内に湿気を入れない施工が重要です。
断熱材は乾燥していないと充分な能力を発揮することができず、断熱性能が低下するとさらに結露が起こりやすくなります。
結露はカビを発生させたり、水分で重くなった断熱材がずり落ちたり、木材を腐らせる、白アリの被害の発生を引き起こすなど、住宅の寿命を縮めてしまいます。

セルローズファイバーは室内の湿気が高ければ湿気を吸収し、湿気が少ない時は湿気を放出する性質を持ちます。
仕上げの漆喰と合わせて、壁全体が呼吸をしているようなイメージです。

また、丸清のセルローズファイバーは専門技術を身に付けた技術者が施工するため、隅々まで確実に充填され、高い断熱性能を発揮します。
その施工方法は一般的な方法より手間が掛かる高密度に充填するため工夫が施され、弾力性の高い麻の繊維を混入し耐久性も高めています。

夏は涼しく、冬は暖か!そして高密度なので防音性も高い!!
家の健康と快適な暮らしを守る最適な断熱材料といえるのです。

セルローズファイバーの施工を現場で見てみたい!
という方は是非、断熱・構造見学会にいらしてください。
専門知識を持ったスタッフが、さらに詳しくご説明いたします

お問合せはこちらまで
TEL 042-391-2489

セルローズファイバーによるリフォームも承っております!(写真はリフォームの事例)