2021/09/13

地味だけど、とっても大切な「断熱材」の役割について

「夏涼しく、冬温かい家」
こんなキャッチフレーズ、目にしたことはありませんか?

夏はサラッと冬はポカポカに暮らせたら、ほんとうに最高ですよね。
そんな快適な家づくりには、いくつかのポイントがありますが、中でも大切な役割を果たしているのが断熱材です。
断熱材は、お部屋の中を快適にするだけではなく、省エネや、家を長持ちさせるために、見えないところで働いてくれています。

今回は、断熱材の基本的な役割について、おさらいをしてみたいと思います。

断熱材の役割

断熱材の役割は大きく分けて3つあります。

1.お部屋の快適温度をサポートする

断熱材は家の外と内の熱の出入りを防ぎます。
もし断熱材がなかったらどうなるでしょう?

夏は、外のモーレツな熱気が家の中に入ってきて、エアコンを全開にしても、お部屋の温度がなかなか下がりません。
冬は、せっかく暖房して温めた空気が、どんどん外に逃げていってしまいます。
断熱材があるおかげで、夏は涼しく、冬は温かく過ごせるんですね。

2.省エネでお財布にも環境にも優しく

断熱効果によって、外気の影響を減らして、冷暖房エネルギーを最小限に抑えられるので、省エネにもなりますし、CO2排出量も最小限にできます。何より、電気代などの光熱費が節約できるのは、嬉しいですよね。

3.家の健康を守って長生きさせる

断熱材の隠れた役割に「結露防止」があります。
断熱効果の低い家では、外気との温度差によって、壁の内側の見えない部分に結露ができてしまいます。この結露が、住宅の構造材や外壁までも腐らせてしまう原因になります。知らない間に、家が結露で病んで、どんどん腐るなんて恐いですね。
断熱材は、そんな悲劇から、家を守ってくれています。

まとめ

■ 断熱材によって、外気の影響を受けにくくなる
■ 冷暖房効率が良く、省エネでエコ
■ 家を腐らせる「結露」を断熱材が防ぐ

断熱材の役割って、思ったより重要で、家づくりには絶対になくてはならないものなんですよね。

さらに、断熱材には使われている原料によって、鉱物系・石油系・自然系の3つの分類があります。住宅メーカーによって、採用している断熱材は様々です
種類によって機能や性能にも大きく違いがあるので、断熱材なら何でもいいという訳でありません。

そこで次回は、断熱材の種類と、丸清の木の家で使っている自然系の断熱材「セルローズファイバー」について、お伝えしたいと思います。