2020/01/20

丸清の家づくり。お客様一人ひとりに提案させていただく気の利いたちょっとカッコイイ家

丸清の家づくりには
通る・揃える・育てる
という3つのコンセプトがあります

通る=
風が通り光が差し込むパッシブデザインの家は、冷暖房を過度に使わなくても過ごせます。
そんな心地よい家づくりのため、設計の初期段階で必ず現地調査を行います。
また、家庭ごとのライフスタイルで大きく異なる生活動線も意識し、水まわりの配置や間仕切りを工夫、暮らしやすい間取りをご提案します。

揃える=
丸清には、デザイン性と暮らしの快適さを調和させるための設計ルールがあります。
窓やドアの位置・高さを揃えたり、素材の材質・カラー・柄をコーディネートすることでデザイン性がある家づくりを。
安心・安全で、自然素材を使ったちょっとカッコイイ家を建てています。

育てる=
時が経つとライフスタイルが変わり、住み心地が変わってしまうことがあります。
そのため、ゆくゆく間取りを変えられるように中間領域を設けるなどの工夫をご提案。
また、丸清の家に使う自然素材は経年変化によって味わいが深まることも魅力の1つです。
家族とともに育つ家で、のびのびと暮らしませんか。

以上丸清スタイルブックより

どんな家に住みたいか
例えば、「かっこいい家」や「かわいい家」「和風の家」などの、理想の姿があると思います。
しかし、それだけでは理想の“ 暮らし” ができる家にはなりません。
「料理が好き」「家族揃って広いリビングで過ごしたい」など、どんな生活を送りたいかも、家づくりにはとても重要です。
家の意匠性の好みや、ライフスタイルを設計士がヒアリング丁寧にヒアリングさせていただき、
デザインと住み良さ、生活のしやすさの両面を大切にした、バランスの良い家づくりを行っています。

どんな家で、どんな暮らしをしたいか。漠然としたイメージでも構いません。
家族の理想の暮らしについて私たちに教えてください!