2019/07/29

斉藤と一緒に身につけよう! 良いお家を建てるための基礎知識 vol.1 断熱材あれこれ、安心安全、身体や環境に優しい断熱材って?

斉藤と一緒に身につけよう! 良いお家を建てるための基礎知識 vol.1 断熱材あれこれ
工務店に勤めて1年が経ちます。斉藤です。
少しずつですが、お家についての知識が付いてきました。
「広いお家が良いお家! 間取りが良いのが良いお家!」と1年前は思っておりました。
今は大分賢くなりその土台、いや、防蟻材から考えられるようになりました。
知識が付いてきてちょっと賢くなった斉藤と一緒に、
お家についての基礎知識を身に着けていってくださったらと思います。

では、vol.1 「断熱材あれこれ」
断熱材には
・グラスウール……安価。廃ガラスが原材料、綿あめのようにガラスを繊維にしたものらしい。ゴミ区分はガラス・陶器などの不燃ごみ。
製造過程においては、粘膜や皮膚への刺激症状が出やすい人は保護具などを装着して取り扱うことが勧められるとウィキペディア記載されており、なんだか怖いんじゃないか?という印象
F☆☆☆☆(Fフォースター)区分(ざっくり書きますと、ホルムアルデヒド大丈夫だよ!という基準)ではあるが、接合剤としてはフェノール樹脂が使用されており、こちらも多少の疑問が残ります。

・ウレタン系・ポリスチレン系……安価。ざっくり言うとプラスチック、石油系の材。火事になった場合良く燃え、有毒ガスを発生。
 ニュースで鉄骨のビルなのに火災がひどいのはこれらを施工しているものが多いせいかも?
製品によってはVOC(揮発性有機化合物)による臭気がするものもある。健康面で大丈夫か不安。

・セルローズファイバー……高価。かなり安全性の高い断熱材。燃えにくい火災が起きても表面が焦げるだけ。有毒ガスを出すこともない。ホウ素系の薬品を使用しているため安全(食塩と同等の毒性しかない)。カビや菌の発育を阻止、害虫も寄せ付けないというメリット付き。自然素材のため安心でVOCの心配ない。

是非、お家を検討の際、知識の一つに加えられてはいかがでしょうか?

丸清では積極的にセルローズファイバーを使用しており、環境にも人にも優しい仕様になっております。
安心・安全な家づくり、丸清の資料請求はこちらまで

お問い合わせ・資料請求