2021/11/06

猫も大満足!キャットウォークのある注文住宅

猫は家族の一員!という愛猫家の方、増えてきましたよね。
猫のための特別なスペースといえば、キャットタワーが思い浮かびますが、最近注目を集めているのがキャットウォークです。
リフォームで、後から設置することも可能ですが、注文住宅なら、初めから計画にキャットウォークを含めて、人にも猫にも快適な住宅をつくることができます。

今回は、そんなキャトウォークについてお話しします。

キャットウォークってどんなもの?

そもそも猫は狩りをする習性を持っています。
どちらかというと、広い場所を駆け回ることより、飛び乗る、飛び降りるといった運動が大好き。
最近では飼い主と一緒に室内オンリーで暮らす猫も多くなっていますが、行動範囲が限られてしまうため、ストレスや運動不足による肥満が心配です。

そこであらかじめ室内に、猫が飛び乗って歩いたり飛び降りたりと、上下運動ができるようにする設備がキャットウォークです。
運動不足やストレスも解消できて、猫と家族双方のスペースを保つことができるので、人も猫もより快適な日常生活が送れます。

キャットウォーク計画に必要なポイント

キャットウォークって、言葉からは通路のイメージが浮かびますが、実際には上下運動のできる設備だったんですね!
では、キャットウォーク作りにはどんな要素が求められるのか?見てみましょう。

キャットウォークの強度や素材

家づくりと同様、キャットウォークも仕様が大事です。
構造は、繰り返し猫が使用しても壊れないしっかりとしたもの。
建材は安全で丈夫、そして軽くて加工しやすい木材がいいでしょう。

一匹ではなく複数の猫がいる場合には、全員が一度に乗っても壊れないようにする必要がありますので、
あらかじめ住宅メーカーに、猫の体重や数などの情報を伝えて計画することをおすすめします。

木の専門家でもある丸清では、自然素材住宅の内装とも良く合う、木材でキャットウォークをご提案しています。
また、一部に遊び心のあるアクリル板を使ったキャットウォークの施工例もあります。

ペットとの暮らし *キャットウォークを設置しました*

キャットウォークのレイアウト

猫には縄張り意識があります。
多頭飼いの場合、順位が上の猫がいる場所は、順位が低い猫が通れないといった事も起こります。
全ての猫が自由に歩き回れるようにするには、複数の経路を用意する工夫も大切です。
行き止まりをつくらず、家の中をぐるぐると回遊できるようにしてあげると、室内猫も快適に過ごせますね。

キャットウォークを注文住宅のプランに採り入れるメリット

リフォームや改築でキャットウォークを後付けする場合もありますが、最初から家づくりのプランに組み込めば、猫の個性や飼い主さんの好みなども盛り込んで、より自由度の高いキャットウォークが設置できます。

またキャットウォークは、アイディア次第で様々な形状や設置場所も選べるので、インテリアの一部として魅力的に見せることもできます。

長く快適に暮らしていくために、人の生活導線や居場所、猫の行動範囲や居場所を、あらかじめ考えて設計してもらえるところにも、メリットがあります。

注文住宅で猫のために加えておきたい設備

キャットウォーク以外にも、猫のいる暮らしに採り入れておくと良い設備がありますので、少しご紹介します。

猫用トイレスペース

猫が快適に室内で過ごすために欠かせないのがトイレです。
猫用トイレは、なるべく人目につかず、静かで狭い場所に設置するのがおすすめです。
猫は清潔な環境を好むので、掃除のしやすさもポイントとなります。
さらに、気になるニオイ対策として、猫用トイレのスペースに、あらかじめ換気扇を配置しておくことも効果的です。

キャットドア

猫は好奇心が旺盛なので、家の中を自由に移動できる工夫も必要です。
部屋から部屋へ移動できる「キャットドア」を設置してあげると、夜行性の猫は人が寝静まってからも室内を移動することが可能です。

日当たりの良い出窓

猫にとって、リラックスして日光浴ができるスペースの確保はとても大切です。
良く日の当たる出窓など、室内にゆったりと日光浴ができる場所があれば、脱走のリスクも少なくなります。

爪研ぎ用の柱

爪とぎは猫の持っている習性のひとつです。
爪とぎ専用の柱を用意してあげると、新築住宅の他の部分に傷が付くリスクが少なくなります。

今回は、注文住宅で採り入れたいキャットウォークのこと、猫用の設備のことをお話ししてきました。
家づくりの中で、間取りやインテイアなどに加えて、どんなキャットウォークにしよう!と考えることも、楽しみのひとつになるかも知れませんね。
丸清では、「キャトウォークのある家」「猫と暮らす木の家」など、お客様の生活スタイルに合わせたプランをご提案しています。
お気軽にご相談ください。

まとめ

■ キャットウオークは室内猫のストレス解消や肥満防止に効果的。
■ キャットウオークづくりは、上下運動と回遊性がポイント。
■ 注文住宅であらかじめキャットウオークを組み込めば、自由度やデザイン性も高くなる。
■ 猫のいる暮らしを考えた注文住宅なら、設計時に人間の居場所と猫の居場所を想定できるので、人にも猫にも快適性が高い暮らしが実現する。

ほかにも猫のいる暮らしにおすすめの丸清の丸清標準仕様についてこちらからご覧ください。

猫がよく寝る防音ハウス! マツナガ様の断熱材、セルロースファイバーにはこんな効果も!