2021/05/21

リビング階段について、私目線になってしまいますがメリットとデメリットをご紹介します!


今日は丸清で建てた我が家の一部をご紹介します🙋‍♀️


こちらは我が家のリビング階段です。
階段の位置によって、お家の間取りが大きく変わるので、リビング階段にするか、玄関からすぐ階段を作るか、など…悩むところであると思います。
を。


我が家も敷地の広さの問題もありますが、よく言われるように、将来子どもたちが自分の部屋に出入りする際にリビングを通るといいなと考え、リビング階段を採用しました。


まだ子どもたちは自分の部屋に篭るような年頃でもないので、このリビング階段のおかげでコミュニケーションが増えた、などもそれほど感じませんが…私はこのリビング階段にしてよかったと思います!


まずは、お家のインテリアの一部になるように設計してもらったので、圧迫感を感じません。
また、階段から続いている部屋は子ども部屋なのですが、部屋で子どもたちだけで遊んでいても様子が何となく分かり、安心です。
(土地の高低差でスキップフロアになっているのも大きく関係していますが…)


デメリットとしては、やはり子ども部屋や寝室にリビングからの生活音が届きやすい、というのはあります。
(寝室で子どもたちを寝かしつけているときに、タイミングよく一家の大黒柱が帰ってきたら、子どもたち覚醒!!など。)
…でもこれは家族間での気遣いで解消されると思います👍
あとは主婦目線から言うと、スケルトン階段のため、ほこりが階段下に落ちやすいのは少し嫌だなぁと思います。


などデメリットもありますが、私は敷地を有効的に使えましたし、今のところ部屋間の移動も楽ですし、リビング階段にしてよかったです😊


私も住宅の仕事に携わるようになって、日が長くないので、これからも知識を増やさなければ…と思っているところです。ですが、この家を建てたときのことを思い出し、お客さまの目線に立って、お役に立てるとよいなと思っています。何かご質問等ありましたら、ご遠慮なくお申し付けください🙇‍♀️

—————————————————————————-
もっと暮らしを楽しみたい
自然素材の家、国産木材をつかった安心な家

【株式会社 丸清】