2021/05/19

木の家づくりで後悔しないためのポイント。杉の無垢材の短所と長所。

杉は木材の中でも比較的柔らかい部類に入り、傷がつきやすいという特徴があります。
一般的なフローリング(突板フローリング)のような硬さはありませんし、
ビニールクロスのような柔軟さもありません。

また、木には一本一本個性があり、節があったり、色味に違いがあったりと、プリントシートのように綺麗に揃うということはまずありません。

ただ、上記は短所と捉えられがちですが、実は長所でもあるんです。
「柔らかい」ということは、それだけ足ざわりが良いということで、疲れにくく、ヒヤッとした感じがありませんし、調湿機能もあり、お家が乾燥したり、湿度が高くなるのを防いでくれます。
その他、杉には香り成分からのリラックス効果や安眠効果もあり、日々の疲れを癒してくれます。

そしてこれは無垢材全般に言えることですが、無垢材は一枚板で作られているため、ヤスリで磨けば新築同様の床に戻すことができます。
お子様が成長されて、そろそろ傷の心配もなくなった、という時期に合わせて、磨きなおすことも可能です。
引き換え、フローリングやビニールクロスは剥がれてしまったり、木目がけば立って劣化してしまうと全面を張り替えなければなりません。

中古住宅でも無垢材でつくられたお家が人気なのは、丁寧に使えば長年住むことができるからなのです。

図入りで無垢材と突板フローリングを解説しています。
ご興味のある方はこちらをお読みくださいね!
https://www.e-marusei.jp/blog/8649/

木の事何でも聞いてください!

「材木屋が運営する工務店」ならでは、の目線でお答えさせていただきます。


お問い合わせ・資料請求