REVIEWお客様の声

素材も間取りも妥協しない。ライフスタイルに合う快適さを追求。

東村山市 I様  

ご夫婦と3歳のわんぱくざかりの息子さん、0歳の娘さんの4人でお住いのI様。

ご夫婦で子育てと仕事を両立し、忙しいながらもにぎやかな毎日を過ごされています。

家づくりにはライフスタイルに寄り添った環境づくりにこだわったそう。

忙しい毎日を笑顔で過ごすための工夫とは…?

(お客様のご要望により、以下写真は全てイメージです)

 

―家づくりのきっかけは?

奥さま:上の子が3歳、下の子も0歳と、保育園に入園するのに区切りが良いタイミングだったことが大きいですね。

保育園に入りやすい年齢でもありますし、同じ園に長く通った方がお友達と仲良くできるんじゃないかと。

今まで住んでいた賃貸マンションも手狭になっていたので「早く広い家に住みたいね」と話していました。

 

―どのように建築会社を探しましたか?

ご主人:最初からハウスメーカーではなく工務店に依頼しようと決めていました。

というのは、できる限り希望を家づくりに反映したいという気持ちが強かったからです。

建築や住宅関連の仕事をしていることもあり、以前から「知識を活かして自分の家をつくりたい」という夢がありました。

ポータルサイトを見て5社ほどに絞り込み、最終的に丸清さんに決めました。

 

―なぜ丸清に依頼しようと思いましたか? 決め手を教えてください。

ご主人:自分たちの希望と丸清さんの強みがマッチしていたのが決め手でした。

特に重要だと考えていたのが「湿気対策」です。長く快適に住むためには湿気は大敵。

丸清さんは標準仕様で湿度対策ができる材料を採用されています。空気が通りやすい板材と、壁の中には断熱効果もあるセルロースファイバーを使っているので安心できましたね。

ヒノキを使っている部分もあり、香りが広がる気持ちよさもいいな、と思いました。

 

―家づくりでこだわったことはなんですか?

ご主人:共働きで子育てすることを考えると、家事の負担を極力軽くしたい。

将来のライフスタイルを具体的にイメージして、忙しくても快適に過ごせる空間づくりにこだわりました。

たとえば、洗濯物が溜まっても干しやすいようにベランダを広めにしたり、

キッチンと洗面所を近くに配置するなどして家事がしやすい動線をつくりました。

 

奥さま:主人のこだわりは人一倍で!仕事から帰った後、夜中まで図面を描いていた日もあるんですよ。

私はほとんどお任せでしたが、収納場所を多くするというのが一番の希望でした。

この家に設置した主な収納は、キッチン横のパントリー、玄関のシューズインクローゼット、そして納戸です。

空間をスッキリ見せたいので、床に物を置かなくてすむ「隠す収納」にこだわりました。

床に物が少なくなればお掃除ロボットにも活躍してもらえますし、一石二鳥です。

 

―担当者・大工さんの印象は?

ご主人:最初からとても印象が良かったです。営業さんはとてもまじめで実直な印象を受けました。

設計士さんも気さくな方で、窓の大きさから照明やコンセントの位置まで細やかにアドバイスしてくださいました。

実際に生活することを考えた、納得のご提案でした。

 

―住心地はいかがですか? 気に入っているところを教えてください。

奥さま:まだ住み始めたばかりでまだ荷物も収納しきれていませんが、住み心地の良さを感じています。

春先の少し寒い日も室内が暖かくて、暖房を切っていても1日快適に過ごせました。無垢の床は素足で歩くのが気持ちよいですね。

玄関のシューズインクローゼットは靴が何十足と入りますし、ベビーカーや子どもの衣類などもすっきりしまえて重宝しています。

 

―生活スタイルに変化はありますか?

ご主人:家事がしやすくなったな、と実感しています。子ども達が保育園に通い始め、

着替えの洗濯物がたくさん出るようになりましたが(1日でハンガー30本分くらい!)、ベランダが広いので干しやすいです。

あと、楽しみもできましたね!庭を整えたらDIYでウッドデッキをつくりたいですし、野菜も育ててみたいなと、色々模索しています。

 

奥さま:タッチレスの水栓や電子ロック、センサー照明も使ってみるとすごく便利です!

子どもと手をつないだり、荷物で手がふさがっていてもスムーズに生活できるのが嬉しいですね。

 

―最後に、これから家を建てる人たちへメッセージをお願いします。

ご主人:いざ家を建てようとすると、思った以上に決めることが多くて迷うこともあると思います。

私も迷いに迷った部分がありますが、今となっては良い思い出です。

長く住む家ですから、室内環境にはこだわって損はないと思います。

個人的には断熱性能に優れた家はおすすめですね。

後悔のない決断ができるように、時間をつくっていろいろな家や設備を見に行くと良いかもしれません。


(天竜丸志プレイス、宿泊体験も出来、春にはバスツアーも開催されます。)

一覧に戻る