REVIEWお客様の声

夫婦のライフスタイルに合わせて、夫婦で設計した家

世田谷区 I様  

Iさま宅は、ご主人と奥さまの2人家族。
結婚してから賃貸マンションに住んでいましたが、昨年になって
緑が豊かな地に家を建てることを決意。

―家づくりのきっかけは?

ご主人:

ライフプランとか、きっかけがあったわけではないんです。でも、両親は健在で僕たちの同居を必要としていないし、賃貸マンションで随分と家賃を払ってきた……。

自分たちの家を持つなら、年齢のことも考えて「今しかない」と思ったんです。

実家も、前に住んでいたマンションも緑がきれいな立地で、そういう土地を探していたときに、緑が多くて、川も流れているこの土地に巡り合って。

衝動買いというにはあまりにも大きな買い物ですが、トントン拍子に進んでいった感じですね。

 

―どのように建築会社を探しましたか?

ご主人:

もともと、大手住宅メーカーにはあまり興味はありませんでしたが、情報収集を兼ねて住宅展示場へ出かけました。

そこで自然素材の家に出会ったんです。家に入った瞬間から、空気や香りが全く違って驚きました。

奥さま:

それで「自然素材」をキーワードにしてネットで検索すると、10数社くらいの業者さんが出てきました。

自然素材の家を建てると言っても、業者さんによって考え方やスタイルはさまざまなので、私たちの思いをちゃんとわかってくれるところを探そうと思いました。


 

―なぜ丸清に依頼しようと思いましたか? 決め手を教えてください

奥さま:

私たちの設計で家を建てることを受け入れてくださったこと。そして何より、担当の小川さんが良い方だったので!

私たちの話をよく聞いてくれて、予算の相談にものってくださって。きっと難しいお願いもあったと思いますが「やりましょう!」と背中を押してくださいました。

ご主人:

もう1社、私たちの設計で受け入れてくださるところがありましたが、

丸清さんが建てる家のほうが使っている素材がよく、シンプルなデザインは僕たちの好みに近くて、お願いしようと決めました。

決して平坦ではなかったと思いますが、その都度、話し合いを重ねて納得して進めることができました。

 

 

―家づくりでこだわったことはなんですか?

奥さま:

キッチンはリビングと一体型でお客さまの目にも触れるので、予算的にもがんばりました。

システムキッチンは無垢を使った「wood one」、食洗機は「ミーレ」を希望して入れました。ここだけはどうしても譲れなくて……、担当の小川さんを困らせてしまったかも。

収納スペースも工夫しました。リビングの壁にある棚は、そこに収納する本や資料、ヨガマットのサイズを考えて大工さんに作っていただきました。

自転車を置けるように土間を広くとり、納戸は玄関側からもキッチンからも使えるようにして、スーツケースやゴルフバッグなどの大きなものも収納しています。

ご主人:

せっかく自然素材の木材を使用しているのに、壁の中や天井の奥に隠れてしまうところが多いので、できるだけ出したいとお願いしました。

そのことでコストが上がってしまうとこともありましたが……。吹き抜けの天井は、開放的で美しい「登り梁」にしたくて、希望を叶えていただきました。

また友人に家具職人がいるので扉やダイニングテーブルをお願いしたり、妻の友人に階段の手すりのアイアンをお願いしたり、思い入れのあるパーツが多いです。

 

 

―棟梁の大工さんの印象は? 建築中の出来事で印象に残っていることはありますか?

 

ご主人:

最初は職人気質というか、ちょっと怖そうと思っていました。

けれど、前に住んでいた家が近かったこともあり、週に2、3回、出勤前に立ち寄ると、いろいろな相談にのってくださいました。

「こうできますかね?」と投げかけると、「それなら、こうするともっと使い勝手がよくなるよ」と、予想以上の提案を返してくださる。

なかでも一番うれしかったのは、「家が完成したら見にきたい」と、おっしゃったこと。

大工さんの仕事は、壁や外構工事が始まる前に終わってしまうので、そう言ってくださったのは「1棟1棟、丁寧に仕事をされているからだろうな」と思いました。

奥さま:

みなさん、会話のキャッチボールをしてくださって、楽しげにお仕事をされているのが印象的でした。家づくりがお好きなことが伝わってきました。

 

―まだ入居されて週間ほどだそうですが、住心地はいかがですか?

ご主人:

これまでは人工のフローリングだったので、寒くてスリッパや靴下が欠かせませんでした。

けれど今は、仕事から帰ると裸足。床が暖かいというか、優しい感じがして気持ちいいです。

奥さま:

川沿いなので心配していましたが、部屋の中がジメっとしないんです。洗濯物を部屋干ししてもカラっと乾きます。

吹抜けがあり開放的なので、1階と2階、別々の場所にいても、何となくお互いの気配を感じられるのがいいですね。

 

―生活スタイルに変化はありますか?

ご主人:

東側は住宅がないので、周囲を気にせず大きな窓をつくることができました。朝陽がたっぷり入るせいか早起きになったというか、目覚めが良い気がします。

奥さま:

まだ本格的に始められていないのですが、1階のリビングでヨガをするのが楽しみです。外の景色を見ながら、気持ちの良い時間を過ごせる気がします。

 

―最後に、これから家を建てる人たちへメッセージをお願いします。

ご主人:

家づくりも、結局は人だと思います。信頼できる業者さんと担当者さんを見つけて、家づくりをすれば大丈夫だと思います。

奥さま:

家を建てたいと思ったら、少しでも早く始めることをおすすめします。家づくりには体力と気力が必要です。

それに、1日でも長くその家に住むことができるわけですから。

丸清のみなさんは、人柄がよく目が輝いているんです! 丸清さんのイベントに参加されると、きっとわかると思いますよ。

一覧に戻る