REVIEWお客様の声

人も犬も心地よく暮らせる
解放感溢れる住まい

東村山市 W様  

ご夫婦と赤ちゃん、そして2匹の愛犬と暮らすW様一家。
赤ちゃんが思いっきり遊べるプレイルームや、
犬のためのドッグスペースも用意し、
人も犬ものびのびと暮らせる家を建てられました。

―家を建てることにしたきっかけを教えてください

ご主人:
事情があって、もともと暮らしていた家をあけなければならなくなったんです。そこで住み慣れた土地での家探しを始めました。

―土地から探したのですか?

奥様:
最初は建て売りも検討していました。ただ、我が家にはポメラニアンのうる(3歳・♂)と、バーニーズマウンテンドッグのホク(2歳・♂)という2匹のワンちゃんがすでにいたので、彼らが心地よく暮らせて、広い庭もある家がいいなと思うとなかなか納得のいく物件がなくて…。

ご主人:
前の家を出なければいけないタイミングが決まっていたこともあって、それなら建てちゃったほうが早いなと、土地から探すことにしたんです。今の土地はネットで見つけました。

―丸清のことは、どこで知ったのでしょうか?

奥様:
幼なじみが丸清さんで家を建てていて、とてもよかったと聞いたのが最初でした。

ご主人:
実は、その時点ではほかの工務店で建てることを決めていて、仮契約までしている状況だったんです。ただ、自由度が高い家が建てられると聞いていたわりには、予算内でできることがかなり限られていて、しっくりきていない部分もあって…。

奥様:
それで、評判を聞いた丸清さんにすぐに電話をしました。自分たちの希望や条件を伝えたのですが、そのほとんどが丸清さんなら予算内で反映してもらえることがわかって、とても心強く感じましたね。

ご主人:
丸清は、見えないところにまでこだわっているところも好印象でした。家を建てるのは初めてのことなので事前にいろいろと調べたのですが、パッと見ではわからない部分で手を抜く工務店も多いと知りました。
でも、丸清の場合は断熱材一つとってももきちんと見せてくれたり、細部まで安心できたので、お願いするならここがいいなと心から思えたんです。

―家を建てる上で絶対に譲れないと考えていたポイントはどこだったのでしょう?

奥様:
いくつかありますが、夫はとにかくドッグスペースでしたね。(笑)

ご主人:
あはは、そうだね。(笑)

リビングのどこにいても、人から愛犬が見えるのはもちろん、ドッグスペースにいるワンちゃんからもWさんたちが見える設計。

奥様:
ワンちゃんたちは、部屋でずっと放し飼いにしてあげられるのが一番いいとは思うのですが、とくに大型犬は難しい場合もあるので、前の家でもドッグスペースを確保していました。ただ、以前は死角エリアにスペースを作るしかなかったんです。

ご主人:
それがかわいそうだったので、今回は僕らが必ず見える場所に専用エリアを作ってあげようと思っていました。結果的に、我が家で一番の特等席がドッグスペースになりました。(笑)

奥様:
もちろんリビングにいる機会も多いので、床材は爪でなるべく傷がつかないように強度の高い木材を使ってもらいたいとお願いしたり、彼らと暮らすことを前提に作ってもらえたことがとてもよかったです。

いつも同じ空間を共有しているので、お子さんと2匹の愛犬たちも仲良し。リビングの床には、強度の高いリングアを使用した。

ご主人:
もう一つ、こだわったポイントは2階に広めのオープンスペースを取ってもらったことです。リビングは、犬たちが誤飲する可能性も考えると娘のおもちゃをあまり広げられないので、2階に彼女が遠慮なく遊べるプレイルームを作ってあげたいなと思っていたんです。

奥様:
いまは開放的な空間にしていますが、大きくなって自分の部屋がほしいと言い始めたら、ここはいつでも仕切れるようしてもらっています。

2階に設けられた、お子さんのためのプレイルーム。床はスギを使用。

―実際に住んでみて、気に入っているところはどこでしょう?

奥様:
私はキッチンに設置した、ホワイトボードとしても使える収納扉です。夫婦の予定をアプリで管理しようとしたこともあったのですが、あまりうまくいかなくて。
ここにスケジュールや、忘れてはいけない大事なことを書けるようにホワイトボードに加工してもらいました。便利でとても助かっています。

ご主人:
僕は吹き抜けのリビングが気に入っています。以前に住んでいた家は部屋数が多かったのですが、結局使うのはリビングと寝室だけで。それならばと、部屋数を減らして吹き抜けを作り、リビングが開放的な空間になるようにしてもらいました。

奥様:
ただ、部屋数が少ないということは壁がないので、必然的に収納も減るんですよね。それでは困るので、無理を言ってできる限り収納スペースを取る工夫をしてもらいました。おかげで物を表に出さずにすんでいます。

(左)ホワイトボード加工がされている収納扉。(中央)リビングの上部にも窓を設けてあるので、日中は自然光が入り明るい。(右)玄関あけてすぐに左手には、大きなクローゼットを用意

―暮らしてみて、家に使われている天然素材についてよさを実感しましたか?

ご主人:
床がとにかく気持ちがいいですね。自宅ではスリッパは履かずに素足で過ごしたいと思っていたので、無垢材にしてよかったと思っています。

奥様:
漆喰の効果なのか、室内の空気も快適です。それに、漆喰の壁にしたことで部屋の雰囲気自体もよくなったと感じています。
施工時に、大工さんに表面に少し柄がほしいとお願いしたのですが、おかげで照明の光があたった時に、ちょっと影が出るような場所もあって素敵なんです。また、入り口の壁には私たちの手形も入れてもらいました。そういうちょっとしたディティールまでこだわれたことも、丸清さんにしてよかったポイントです。

(左)漆喰の壁には、家族全員の手形が。(右)光があたると、漆喰表面のテクスチャーが浮かび上がる

―最後に、これから丸清で家を建てようと思っている方へのアドバイスをいただけますでしょうか

ご主人:
とにかく言いたいことは全部伝える! それに尽きると思います。なぜなら、丸清さんはちゃんと話を聞いてくれるので。
我が家は、最初から無理だと言われたことは一つもありませんでした。もしもほかの工務店で「できない」と言われたことも、まずは相談してみるといいと思います。たとえそれ自体が叶えられなくても代案を提案してくれたり、丸清さんなら希望に近づけるための力になってくれるはずです!