2020/03/31

シックハウスに怯えない「漆喰ハウス」 家族が健康で家計にも優しい住まいを!

住宅建材の一つ、ビニールクロスは壁材のシェアの大半を占めています。
施工の際に使用される接着剤は有害な揮発成分が含まれており、シックハウス症候群を引き起こす可能性があります。
シックハウスという言葉が浸透してきた現在でも、まだまだビニールクロスが主流だという事実には少しびっくりします。

その点、自然素材の漆喰は有害な物質を出しません、むしろホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性を有し、大気中で気体状となる有機化合物の総称であり、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、酢酸エチルなど多種多様な物質)物質を吸着してくれます。

そして、ビニールクロス貼りされた壁は呼吸ができません。
そのため使用されている木材と外壁の間に結露が溜まりやすくなり、木部にカビが発生したりします。
腐朽菌もできやすくなり結果、家の「もち」が悪くなります。

一方漆喰は「呼吸する壁」と言われ、湿気を逃がす作用もあります。
湿気が多ければ除湿し、乾燥すれば保水します。極端な湿度の上がり下がりをなくしてくれるので、木材にとっても、暮らしている人にも優しいのです。
また、結果として家の「もち」にもつながります。

また、ビニールクロスの耐久年数は5年~10年と言われ、黄ばみが生じたり接着剤が劣化したりしますが、
漆喰の耐久年数は30~50年とも言われ、メンテナンスコストやリフォームの手間を考えれば断然にお得です。
少しの汚れなら漆喰はアルカリ性なので、漂白・浄化作用があり数日すれば消えてしまいます。
どうしても気になるなら、上から部分的に上塗りすることも可能で、良い「味」になります。

メンテンナンスコストやご家族の健康を考えて、お家を建てるもしくはリフォームするなら、漆喰壁をおススメ致します!

漆喰壁や丸清のお家づくりが見られる見学会
次回は4月25日 東村山にて開催いたします!
(「4月25日の完成見学会の申込です」とお伝えくださいね!)
TEL : 042-391-2489

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

もっと暮らしを楽しみたい
自然素材の家、国産木材をつかった安心な家

【株式会社 丸清】
東京都東村山市栄町1-3-60 清水ビル 2F
TEL:042-391-2489
FAX:042-395-0691

資料請求はこちら

お問い合わせ・資料請求

Facebookはこちら
https://www.facebook.com/marusei1/?ref=bookmarks

インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/marusei.co/?hl=ja

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□