HOME  |  木巧木好な技術  |  耐震性能について

木巧木好な技術

耐震性能について

丸清では木造軸組工法をベースに、大地震の際に建物の損壊を少なくする「制震工法」を標準採用しています。
地震による揺れエネルギーを「制震オイルダンパー」の働きにより吸収・消散し、建物の揺れを軽減します。

木造建物制震装置「ダイナコンティ」

ダイナコンティとは?

地震に備えるためには様々な工法がありますが、中でも代表的な構造は「耐震」「制震」「免震」の3つです。
ダイナコンティは地震の揺れを吸収し、振動エネルギーを消散する「制震構造」。
制震ダンパーの働きにより、地震の揺れによって生じる建物の変形を約1/2に抑えることができます。

ダイナコンティの特徴
従来の耐震工法に比べ建物の形を約1/2軽減
オイルダンパーの働きにより、地震の揺れエネルギーを消散させ、建物の傾きを約1/2※軽減し、損傷を最小限にします。 ※一定条件における簡易解析による数値です。
小さな揺れから大地震まで効果を発揮
ダイナコンティの特殊な仕組みによって、小さな揺れから効果を発揮し、大地震に対する減衰効果だけでなく、繰り返し発生する地震にも継続的に制振効果を発揮します。
シリアルナンバーで個別管理・安心の10年保証
すべての製品はシリアルナンバーで個別管理されており、設置後はメンテナンスフリーで10年の製品保証付き。
住宅の専門家とダンパーを知り尽くしたモータースポーツメーカーとの共同開発
建築学科教授・一級建築士と共同開発された製品です。さらに製造は信頼のヤマハモーターハイドロリックシステム社製。住宅の専門家とダンパーを知り尽くしたモータースポーツ関連メーカーの鋭意を集結したシステムです。
小型で簡単取付けだからローコスト
サイズが小型なので、天井、垂れ壁、腰壁、開口部、筋交いのある耐力壁まで、施工可能。また、取り付けも簡単だから施工コストも抑えることができます。
第三者機関が検証した高い耐久性
公的検査機関にて動的試験及び各種試験を実施しており性能を確認済み。特許登録出願済!
建物の揺れを50%軽減!

ダイナコンティは、特定非営利活動法人WOOD ACによる性能評価試験を実施しています。
「オイルダンバー」により地震の振動エネルギーを吸収し、建物の揺れを約50%軽減します。これにより家の構造体の損傷が軽減されるため、繰り返し起こる地震にも効果的。住む人が感じる恐怖感も少なくすることができます。
地震の多い日本とういう国で安心して暮らすために、「制震」はかかすことのできないものです。

さらに木は燃えにくい機能も!

「木造」と聞くと、火事に弱いイメージをお持ちの方もいらっしゃるようです。
ところが、一般的に燃えにくいというイメージがある「鉄」は、火や熱によって短時間で温度が上がり変形したり溶けたりしやすい欠点があります。
それに対し「木造」は「木」にある程度の太さや厚みがあるため、まず表面が焦げて炭化し表面に炭化層ができることで、炭化層自体が断熱材の役割を果たし燃えるスピードが遅くなっていきます。
短時間で焼き崩れることがなく、住んでいる人が避難する時間を稼ぐことが期待できます。
これは、ぜひ知っていただきたいメリットです。

「下地材の斜め張り」もおすすめです

 

Page Top Page Top