HOME  |  木巧木好な技術  |  断熱について

木巧木好な技術

断熱について

実際に住んでいただいてから、毎日良さを実感できること……それは「断熱効果」です。
見た目がどんなに美しくても、夏暑く、冬寒い家では、居心地がよくないですよね。
理想的なのは、夏は涼しく、冬は暖かい快適な家――私たち丸清が長年追究してきた「木巧木好な家」なら、セルロースファイバー(セルローズファイバー)という天然由来の断熱材により、自然の力で高い断熱効果が実現できます。

断熱はなぜ大切なのか?

外から帰ってきて、我が家に一歩入ったときを想像してみてください。
夏なら「涼しくて気持ちがいいな…」、冬なら「なんだか暖かくてほっとするな…」と感じる家だったら、どんなに居心地がいいことでしょうか?

断熱効果が高ければ、夏はクーラーのスイッチを切って出かけても、保冷効果が維持されて時間がたっても涼しい空間のまま。冬は暖房効果が維持されて、帰宅するまで暖かい空間が続きます。
断熱効果がしっかりしていないと、外気の影響をまともに受けて、すぐに蒸し暑い家、寒々とした家になってしまいます。
外が蒸し暑い日でも、極寒の日でも、家を”魔法瓶”のように快適な温度に保ってくれるのが「断熱効果」なのです。

セルロースファイバーとは?

とことん「木」にこだわりを持っている丸清では、断熱材にも「木」から由来した天然素材をおすすめします(オプション)。それは、次世代省エネルギ―断熱工法として注目されている「セルロースファイバー乾式吹込み工法」。セルロースファイバーとは、古紙を100%利用したものです。紙も「木」のチップから作られるため、天然由来で安心。資源の再利用という観点でも、自然環境に貢献できる優れた素材といえるでしょう。また、高い防水性を確保しつつ、通気性を持つ外壁仕様で施工しますので、壁内の結露も防ぐことができ、柱や筋交いなど構造材の寿命が長くなります。

セルローズファイバー

無垢材は断熱効果が高い

「木でつくられた家」というと、コンクリートでつくられた家に比べて、断熱効果が高くないイメージをお持ちの方もおられるかもしれません。
実は、「木(スギ)」の断熱効果は、コンクリートの約12倍、さらに、鉄の約483倍といわれています。
例えば熱いスープを飲むときに、金属のスプーンを使うと飲み口が熱く感じますが、木のスプーンを使えばあまり熱く感じないですよね。それと同じです。鉄やコンクリートは熱伝導率が高いので、熱がすぐに伝わってしまうのです。

「木」はつなぎ目や隙間が多いと、熱を逃してしまいがちですが、近年の建築技術によって、無垢材をふんだんに使用しても機密性に優れた家をつくれるようになりました。

無垢材やスイス漆喰などの自然素材には、調湿効果もある!無垢材やスイス漆喰などの自然素材には、調湿効果もある!

湿気の多い日本。居心地のよい住まいにするためには、気温に加えて「湿度」にも注目したいところです。
無垢材やスイス漆喰などの自然素材は、湿度が高いときには湿気を吸ってくれ、湿度が低いときには湿気を出してくれる「調湿効果」があります。
調湿効果が高いことで、家の大敵である結露の発生を減らしてくれるので、家を長持ちさせてくれるのもうれしいメリットです。

 

Page Top Page Top