HOME  |  木巧木好な技術

木巧木好な技術

丸清が提案する木にこだわった家「木巧木好な家」を建てるには、木材や自然素材に対する「長年の知識」と、それを扱う「高度な技術」が必要です。
自然素材を熟知した丸清が標準的に使用している断熱材や、耐震効果を高める新しい技術、また保証制度についてご案内いたします。

断熱について

「木巧木好の家」は、夏は涼しく、冬は暖かい快適な家を長年追求してきました。丸清では、断熱材にウールやセルローズファイバー(※オプション)等の自然素材を使用し、自然の力で高い断熱効果を実現しています。また無垢材をはじめとする自然素材が元々持っている調湿・断熱効果についてご紹介いたします。

詳しくみる

建築工法について

家をできるだけ頑丈にして、少しでも安心して長くお住まいいただきたい。そんなわたしたち願いのもとに、丸清では、木造建築の最も一般的な工法「在来工法」に加え、「下地材の斜め張り」や「耐震ダンパー」(それぞれオプション)等の制振工法を取り入れています。さらに将来の増改築も考慮し、リフォームもしやすい堅ろう住宅をご提案いたします。

詳しくみる

耐震性能について

丸清の建築工法は、地震などの自然災害に対する耐性を重視しています。木造住宅に適した制震工法を取りいれ、地震などの衝撃にしなやかに対応できるしくみになっています。自然災害の多い日本に適した工法と、その制振効果についてご覧頂けます。

詳しくみる

住宅保証制度について

人生で一番大きな買い物であり、日々の暮らしにずっと寄り添っていく大事な我が家。その大事な我が家の「もしも」のときのために保証制度をしっかりそろえております。「住宅瑕疵担保履行法」や「住宅完成保証制度」について、また地元工務店ならではの「アフターメンテナンス」についてのページです。

詳しくみる
Page Top Page Top