HOME  |  木巧木好な家づくり  |  間取り・設計について

木巧木好な家づくり

間取り・設計について

丸清が建てる「木巧木好な家」は、一軒一軒が手作りの注文住宅です。
自然素材をふんだんに使った、木のぬくもりが感じられる住まいを、
コーディネーターと設計士があなたの家族の一員になったようなつもりで考えて参ります。

お施主様らしい「我が家」をプランニング

私たちの家は、愛情を込めた家ですが、自分たちの「作品」を創っているわけではありません。
お施主様の人柄や生活スタイルに合った家、生活に密着した暮らしやすい間取り。家族の成長とともに、味わい深くなる、住めば住むほどに好きになる家を目指しております。

木巧木好な家提携設計士のご紹介
一級建築士 坂本 格/アイエスティーアキテクツ代表「空間・技術・建築をデザインして、魅力的な生活を提案します。」
  • 可変性

    家族の形は、ずっと一緒ではありません。お子様が生まれて子ども部屋が必要になったり、三世代同居になったり…と、変わっていくものです。 木巧木好な家では、ご家族の「これから」を想定し、間取りに融通を持たせたプラン、後々の変更を見越したプランをご提案しています。

  • 風の流れる家

    自然な風が感じられる家は、とても気持ちが良いもの。 無垢の木と自然な風とで、まるで森林浴をしているかのような空間を作り出します。 私たちは、自然な風が感じられる家にするため、まず、建築予定地へ足を運び、土地の日当たりや周囲の建物との関係性を考えたうえで設計に取り組んでいます。

  • 「食」と「住」を結び付ける

    私たちは「家をつくる」ことがゴールではありません。ご家族が笑顔で健康に暮らせる、暮らしそのものをご提案しております(その取り組みの一つが、久米川駅前の自然食品の店「ecomoko(エコモコ)」の運営です)。木巧木好な家では、「食」と「住」の結びつきを大切に考えたプランをご提案しております。

  • 「外」に出る、「外」を見る

    私たちは、家の中の設計だけではなく、外構・庭も合わせて考えます。お庭にハーブを植えらえるスペースを設け、家庭菜園を楽しんでいただいたり、お子様が裸足で出られる芝生のスペースを作ったり。 思わず外に出たくなるような家、リビングから外をずっと眺めていたくなるような家をご提案しています。

  • 10年後、20年後を考える

    家は、一度建てたら何十年も住み続ける場合が多いものです。私たちは、経年変化によって、より暮らしやすく、気持ちが良い家になることを考えた設計を行っています。 また、お引き渡しの際に、無垢材のメンテナンス方法をお伝えするなど、長く快適に過ごしていただくためのアドバイスも致します。

木巧木好な家の設計例

「家族の暮らしがキッチンから広がるような住まい」というコンセプトで考えたプランの例です。
キッチンからは子どもたちが庭で遊ぶ姿や、お庭の木々が目に入り、気持ちを優しく、豊かにしてくれます。また、すぐにテラスへ出ることができ、家庭菜園のハーブをちょっと摘んでお料理に使うこともできます。
南側の開口部から自然な風が家を通り抜け、無垢材の香りと相まってまるで森林浴をしているみたい。
子どもたちの成長に合わせて間取り変更もできる、ずっと長く住み続けることができる住まいです。

  • 木巧木好な家設計例(1F)
  • 木巧木好な家設計例(2F)
Page Top Page Top