HOME  |  木巧木好な家づくり  |  自社製材工場について

木巧木好な家づくり

自社製材工場について

たとえば、洋服を選ぶときに、色やデザインも重要ですが、
どんな「素材」を使っているかについてもしっかりチェックしたいものですよね。
長い時間を共に過ごす「家」だってまさに同じです。家の大部分を占める「木」について責任を持つことも、
家をつくる私たち工務店の使命だと考えています。
ここでは、そんな「木」へのこだわりをお伝えしていきたいと思います。

木を育て、山を、自然を慈しむところからはじまる、家づくり。

家を建てたいと思ったとき、すぐに頭に浮かぶのは、「間取り」や「性能」でしょうか?それとも「外観のデザイン」でしょうか?
もちろんそれらもすべて大事ですが、私たち丸清の家づくりは、その前に、木を大事に育て、自然を慈しむところからはじまっています。

日本三大人工美林である静岡の天竜にて、長年丹精をこめて、杉や桧を育てています。
近くには、心癒される緑豊かな森、岩魚がすむ小さな清流があり、四季折々に変化する自然のなかで、太陽の恵みをめいっぱい受けて日々成長していく木々たち。それが木材となって、みなさまの家の柱の一本一本、そして天井や壁、床になっていきます。

いったいどこからやってきたものかわからない「木」では、心もとないもの…。
「木の出身地」がわかることで、みなさまに安心して住み続けていただくことができ、さらに愛着がわく家になるのです。

天竜美林

天竜美林

静岡県天竜の製材工場

静岡県天竜の製材工場

履歴がわかる木材の産地直送システム

従来のシステムでは、私たち工務店とお客様との間に、製材所やメーカー、問屋、材木店などが介在するため、どうしても時間やコストがかかり、「どこで生まれた木か?」ということも不明瞭になりがちでした。

 しかし、私たち丸清では、森林組合のご協力のもと、山林の育成から、製材、乾燥、プレカットなどの加工まで一貫しておこない、木材の「産地直送システム」が可能となりました。

時間やコスト面の改善はもちろん、「どこからの木なのか、すぐわかる」という安心でうれしいシステムが実現。多くのお客様からご好評をいただいております。

私たちがクオリティが高く、かつコストパフォーマンスの高い自然素材住宅を建てられる理由は、この流通システムにあるのです。

持続可能な木材の利用をめざして

木を使うということは、森林伐採=地球環境に悪い…というイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、森林を適切に管理し、その森林から生まれた木材を使って、お客様に届ける――という製品だと認証された「FSC森林認証」というものがあります。FSC認証の製品が増えると、森林が守られ、森林の破壊や劣化をすることなく、木材消費が進んでいくいいサイクルが生まれます。

このようなシステムをCoC(Chain of Custody 管理の連鎖)といいます。「木」を一番に考える私たち丸清はもちろん、FSC認証材を取り扱うためのCoC認証を取得しています。お客様が家を建てることで、山の木々が生き生きと活性化していくことにつながっていくことをお約束いたします。

FSC(Forest Stewardship Council=森林管理協議会)とは
森林環境を保全し、地球を豊かにし、経済的にも持続可能な森林管理を進めることを目的とした第三者機関。FSC認証を取得した製品を使うことで、山が生き生きと活性化し、地球環境の改善にも貢献できるのです。
天竜美林見学会も実施しています天竜美林見学会も実施しています

お客様の家の木は、どうやって育てられているのか――
実際に、お客様の目で確かめていただくために、天竜美林の見学ツアーも行っています。
家づくりへの愛着がさらにわくと、大変ご好評をいただいております。「あの木は柱になるのかな?」「こんなに自然豊かな場所なんだね」「この木で作った家に早く住みたいね」などとご家族でお話しいただきながら、家づくりへの夢がふくらむ一助となりましたら幸いです。

森林見学会の様子森林見学会の様子

森林見学会の様子

 

Page Top Page Top