HOME  |  木巧木好な家づくり  |  家づくりの流れ

木巧木好な家づくり

家づくりの流れ

東村山の工務店、丸清では「木巧木好な家」をつくっています。木巧木好な家とは、木が好きな人のために、木の巧が作る家という意味で、無垢の国産材と自然素材をふんだんに使った住宅です。
私たちが建てるのは、一軒一軒、手づくりの注文住宅。綿密な打ち合わせ・プランで、お施主様の理想の住まいを実現させていきます。またアフターメンテナンスも万全です。

1.お打ち合わせ

お打ち合わせの様子

「こんな家にしたい!」というご要望を思い切りお伝えいただく場です。
木巧木好な家はただ国産材を使っているということだけではなく、自社グループによる一貫体制を構築しているため、コストパフォーマンスの高い自然素材住宅を建てることができます。
特に木材に関することは自信があります!ご希望をどんどんおっしゃってください。

国産材は決して高くありません!あきらめる前にまずご相談ください。

2.プランニング

お打ち合わせでいただいたご要望とご予算をもとに、プランと概算見積もりをご提出します。
※プランと概算見積もりのご提出(3回)までは無料で承ります。お気軽にご相談ください!

いろいろなご要望をくみ取って、形にするのが私たちの役割。お施主様と一緒に楽しみながらプランを作って参ります。

3.設計

お打ち合わせの様子

プランと概算見積もりをご検討いただき、木巧木好な家を建てよう!とご決断いただいたところで、実施設計申込みをしていただき、本格的な設計を行っていきます。

設計士とインテリアコーディネーターがチームを組んで担当するため、家事動線、仕上げの素材感や細かい収納にまで気を配ったプランが可能です。

建築基準法をはじめ、その土地・その土地で守るべき法律をしっかりと守り、建築確認を申請し、許可を得ていきます。

4.お見積もり提出

設計が確定したら、精緻化したお見積りをご提出します。ご不明点は丁寧にご説明いたしますので、なんなりとお尋ねください。

家の見積もりは、細かくてわかりにくいもの。できるだけわかりやすくご説明いたしますので、お気軽にお尋ねくださいね!

5.ご契約

設計とお見積りがそろい、ご納得いただけた段階で、本契約をしていただきます。

ご契約の時は、とても嬉しく、また、緊張感の溢れる瞬間です。精一杯、「いい家」をつくっていくぞ、と意気込む瞬間でもあります。

6.地鎮祭

地鎮祭の様子

工事の無事進行と土地・建物の安全を祈願して工事を始める前に行う儀式です。 この時に地縄を貼り、建物の配置を確認していただきます。

ほどんどの人にとって人生で一度きりの地鎮祭。
これから数十年住んでいくため、土地の神に挨拶をする大切な儀式を是非お子様方にも見せたいものです。

7.施工

いよいよ施工開始!

いよいよ着工! 現場監督・大工が豊富な経験を活かし、確実かつ丁寧な施工を行います。

施工中の現場では、ご近所への挨拶をしっかりすること、ゴミを残さないことなど、当たり前のことですが、ルールを徹底しております!

8.完成

完成した住宅をチェックしていただき、お引き渡し致します。

お施主様と一緒に迎える、喜びの瞬間です。お施主様の笑顔を見ると、「頑張って良かった」という思いがふつふつとわいてきます。

アフターメンテナンス

天竜美林見学バスツアー、丸志木材製材工場前にて

丸清の木巧木好な家は、自然素材の家ですから、経年変化をお楽しみいただけます。丸清では、定期的にアフターメンテナンスでご訪問しております。家の主治医として末長く私たちとお付き合いいただければ幸いです。お気づきのことは何でもご相談ください!

お引き渡しからが本当のお付き合い。毎年ご好評のハウスクリーニングキャンペーンや産地訪問ツアーなどのお楽しみイベントも企画して参ります。
Page Top Page Top