HOME  |  木巧木好な家づくり  |  価格について

木巧木好な家づくり

価格について

一生に一番高い買い物だといわれる「家」。
価格については、どなたさまも気になる点ではないでしょうか。
いい素材を選び、こだわってつくる家だとなおさら、価格にも大きく影響してしまいそう……

そうご心配される方も多いと思います。でも、わたしたち丸清のお客様からは「思っていたよりもかからないのね」
「これだけいい品質のものならお安い」というお声をたくさんいただいております。
そんな「価格の本当のところ」、「コストパフォーマンスの高い自然素材の家の秘密」について、お伝えしていきたいと思います。

無垢の木の家は、高いってホント?

憧れの「無垢の木」の家。いったいどれくらい高くなるのだろう……と不安に思われる方も多いようです。
でも実際は、「家を1軒建てるのに、外国産木材と国産材を比べると、数十万円も違いません」といったら驚かれるでしょうか。

そこで、外国産木材について考えてみましょう。遠く外国で伐採され、時間をかけて輸送されるために、かなりの輸送コストがかかります。その金額が、木材の価格に上乗せされてしまうというわけです。

もし、同じお金を出すとしたら、多大な輸送コストが上乗せされていない「国産」のほうが、格段に品質のいいものになるのではないでしょうか。しかも、数十万円も違わないということであれば、品質に対するお得感は、さらに高いものだと考えています。

丸清の結論”国産の無垢材は高くない!”

私たちは「産地直送システム」でコストダウンしています。

私たちが自信を持っているものの1つに、「産地直送システム」があります。
工務店とお客様との間に、製材所やメーカー、問屋、材木店などが入らず、中間マージンをカット。自社で製材、乾燥、プレカット、そして家づくりまで一貫しておこなって、徹底したコストダウンをはかっています。これが、お客様が驚かれるほどコストパフォーマンスの高い注文住宅をご提供できる理由です。

木や板を集めて接着した集成材や、木をむいて何枚も積み重ねた合板などの接着剤を使った木材とは異なり、無垢の木は、山から伐採して製材したそのままの天然素材。素材そのものが、品質を大きく左右します。産地直送システムがある私たちは、品質も価格も、自信を持ってご提供できるのです。

そもそも「高いかどうか」はどう判断しますか?そもそも「高いかどうか」はどう判断しますか?

たとえば、トマト1個を100円で買うとします。同じ100円でも、無農薬、有機農法でつくられたこだわりのトマトだったら、安いと感じますよね。ところが、どこで作られたかがわからず、おいしくないトマトだったら、高いと感じるかもしれません。
商品の質と価格とのバランス――それをみて、私たちは「高い」「安い」を判断するものだと思います。こだわりの無垢の木を使い、丹精こめて作られた家もあれば、どこのものかわからない安い材木を使った家もあります。
丸清の家は「国産無垢材」をふんだんに使用し、「丁寧な施工」で作られた家です。しかし、私たちは「自社工場」と「中間マージンのない産地直送システム」を持っています。ぜひ、お客様の目で見ていただき、コストパフォーマンスが優れているかどうか、ご判断をいただきたいと思っております。

Page Top Page Top