HOME  |  施工事例  |  東京都青梅市 K様邸 新築工事

施工例とお客様からの評判

東京都青梅市 K様邸 新築工事

緑豊かなこの地で、自然に溶け込むような暮らしをご希望されたK様。


和の要素を取り込んだ、古民家風の真壁(しんかべ)のリビング・ダイニングに、緑が溶け込んでくるようです。


【建物データ】
建設地東京都青梅市
敷地面積200㎡以上(60坪以上)
1F床面積43.06 ㎡(13.02坪)
2F床面積44.71 ㎡(13.52坪)
延べ床面積87.77 ㎡(26.55坪)
竣工年月2015年4月
設計丸清

お客様の声

おこがましいかもしれませんが、家を大切に、長く使っていくことは大切な文化だと感じています。
東京都青梅市 K様邸 新築工事
ハウスメーカーは初めから候補ではありませんでした。

丸清> 丸清で家づくりを進められた理由をお聞かせください。

学生時代に専攻していた分野もそうですが、現在の仕事も林業に携わる仕事で、産業構造の仕組みやハウスメーカーの仕事への取組みを知っていたので抵抗があり、ハウスメーカーは初めから候補ではありませんでした。

丸清さんの理念や取組みに対して共感できることが多く、伝統的な技術を継承している職人さん、工務店に頼みたかったんです。
宣伝広告費にお金をかけてもらうより、職人さんの技術にきちんとした対価をお支払いしたい気持ちが元々ありました。

おこがましいかもしれませんが、家を大切に、長く使っていくことは文化として大切なことだと感じています。

丸清> 家づくりの中で最もこだわられたことをお聞かせください。

自分たちが建てて住む家が30年程度で廃棄物となってしまうのではなく、住宅に自然素材を使うことが、子どもの世代に残していくために最適な選択だと考えています。
また、古民家の素材の使い方は日本の風土気候に相応しく、デザインもきちんと素材を生かしているので気に入っています。

左官屋さんの技術はさすがだな。

丸清> こうすれば良かった。など、振り返ってのご感想をお聞かせください。

珪藻土の壁を自分で塗りましたが、とても大変で上手に仕上げることが難しかったです。
左官屋さんの技術はさすがだな。と実感しました。
塗っている途中で心が折れかけましたが、想い出がある分、愛着はとてもあります。
他には、将来的に南側に大きな下屋を架け広い縁側を作りたいので、敢えて下屋の上に2階のバルコニーを作りませんでした。
2階から外に出てドンドン布団を干したり、庭を眺めたりできるバルコニーがあっても便利だったなと思いました。

とても親身になって対応頂きました。

丸清> 弊社スタッフの対応や、お客様とのコミュニケーションはご満足いただけるものでしたでしょうか?

厳しい諸条件の中、とても親身になって対応頂きました。
現場監督さんにも、色々とお気遣い頂きありがとうございました。

Page Top Page Top