HOME  |  スタッフブログ

スタッフブログ

スムーズな打合せ


これから建てるO様邸には、こだわりのあるギター収納空間があります。
こちらがO様自ら作成し、ご持参頂いた、ギター収納空間だけの立体模型。
ポイントは使わないときはペタンコになり、もち運びに便利なこと。
素晴らしい!!家づくりに対する思い入れが感じられ嬉しい限りです。
愛着のある素敵な住まいになること間違いなしです!
ご期待に応えられるよう頑張ります。 furuyama



会社のロゴが新しくなりました!


こんにちは!


このたび、会社のロゴが新しくなりました^^


新しいロゴはこちらです!



会社のコンセプトや企業理念、またスタッフひとりひとりの会社への思いなどをお話しして、デザイナーさんに作っていただきました。


いくつか案を出していただきましたが、スタッフの間で意見がそこまで割れることなく、このロゴに決定しました!


 


このロゴの意味を少しだけ説明させていただきます^^


まず、丸清の家づくりに欠かせないものといえば「天竜スギ」。


そのスギをモチーフにシンボルマークを作成してもらいました。


ロゴの円の部分を形成している茶色の線はまっすぐに伸びる幹を、また円上の△たちは葉を表しています。


いくつかの色で表された△は、スタッフのイメージでもあり、それぞれの個性を大切に力を合わせて使命を成し遂げていく様を表したそうです。


バラバラの色でも、自然とひとつのシンボルとして見えるマーク…


これは仕事の内容、やり方が違っていても、同じ目標・理念の実現に向かって取り組んでいる会社の一貫性や統一性を表現していただきました。


 


会社のロゴをデザインしてもらおう!と社内で決定してから、デザイナーさんとの打合わせが何回かありました。


私はこのような職業の方と触れ合う機会が今までなかったので、ロゴをデザインしてもらうまでに、こんなに自社のことをデザイナーさんに知ってもらわなければいけないんだ!と正直びっくりでした。


…というかロゴに会社の企業理念やスタッフの思いなどがそこまで込められているなんて恥ずかしながら知りませんでした。


 


しかし、今回ロゴを刷新するにあたり、改めて会社として目指すべきところや、スタッフ個人の目標や会社への思いなどを見直せたのかなぁと思います。


新ロゴを生み出してくれたデザイナーさんにはスタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです^^


 


今後はこのロゴを少しでも多くの方に知ってもらえるように、会社全体でさらなる努力を続けていかなければいけないですね!


 



どんこい祭’17に出店しました!


おはようございます!


先週末、どんこい祭が無事に終了しました!


2日間お天気にも恵まれ、お祭り日和でした^^


 


丸清では、「タプロ80」という大豆由来のヘルシー素材を使った唐揚げと、天竜材のスタッキングシェルフを販売しました。


唐揚げは私も久々に食べましたが、本当にお肉のよう!!!


お肉大好きな私でも、満足な味とボリュームでした^^


当日は「タプロ80」もわずかですが店頭に並べていましたが、全てお客さまが買っていかれました。


実際に唐揚げを食べて、お家でも作ってみようと思われたようです^^


 


スタッキングシェルフはキットをご購入された方もいらっしゃいましたが、ほとんどの方がその場で作っていかれました!


完成したシェルフをみなさま大事そうに持って帰っていく姿にとても嬉しくなりました^^


やはり自分で作ると愛着がわきますよね!


スタッキングシェルフは使い方が自由自在なので、みなさまのお家でどのように飾られているのか気になります!(^^)!


 



↑ 当日の様子です



↑ スタッフとどんこい祭ゲストの芸人さんです^^



↑ アントキノ猪木さんと。二級建築士さんだそうです!




↑夏の木工ファクトリーにも来てくれたかわいいお客さま^^




↑ 初めてだというのにとっても上手にできていました!



↑ 2日目のお客さまです。



↑ 完成したシェルフと一緒に。


 


実際にお店に立たせていただくと、「ecomoko知ってるよ~」「よく使わせてもらっています。」


など、お客さまの声が聞けて活力になりますね。


11月の産業祭も出店予定ですので、その際はまた遊びに来てください!


 



お気に入りのテレビ番組^^


最近は過ごしやすい気候が続いていますね!


これから運動会や七五三など我が家も楽しみな行事がいっぱいです^^


そして今週末はどんこい祭ですね!


丸清も出店がんばりますので、みなさまぜひ遊びに来てください!(^^)!


 


 今日は少し我が家のお気に入りのテレビ番組のお話を…


「ダーウィンが来た!」という番組を知っていますか?


この番組は世界中の生きものたちの世界に密着して、知られざる生態などを明らかにする番組です。


子どもでもとっても分かりやすく、大人も一緒に楽しめるので、日曜の夜はだいたいみんなで見ています。


(日曜夜7:30~NHK総合で放送中!)


 


5歳の息子はこの番組が大好きなのですが、先週放送されていた内容が私もとっても興味深い内容でした!


 先週のテーマは「スギが大好き!ニホンモモンガ」でした。

スギを扱う工務店としては無視できない内容ですね(゜_゜)!


鳥取県のスギ林に住むニホンモモンガにスポットを当てていました。

 


夜行性であり、木から木へと自由自在に滑空して移動するニホンモモンガ。


目撃例が少なく、生態が謎だらけでしたが、最近スギの植林地に多くいることが分かったそうです。


一般的にスギの植林地は動物の食べ物が乏しく、一般的に生きものの種類や数が少ないそうですが、


ニホンモモンガはスギ林を好むのです。


その大きな理由は「食べ物」。


主食が植物の葉や芽、実のニホンモモンガにとって、一年中葉が生い茂るスギ林は住むには最適なのです。


驚くのが、私たち人間を悩ませる「花粉」もなんと大好物らしいです!


さらにモモンガは巣材にスギの木の皮を使います。


はがれやすいため、大量に集めやすく、細く柔らかい繊維状に加工しやすいので、保温性に優れた巣ができるそうです。


 


スギの恵みを受けて、命をつないでいくニホンモモンガの生態に密着した内容でした!


 間伐され、きちんと手入れされている森はモモンガが滑空しやすいといったことも言っていました。


 


息子は「鳥じゃないのに飛べるなんてすごいね~」と言っていましたが、たしかに…。


特に何とも思いませんでしたが、よーく考えるとあんなに飛べるのってすごいですね。


 


日曜の夜はぜひご家族で見てみてください^^


 



今更ですが自由研究


次女(小学6年生)の自由研究です。
天竜杉とリボス社の自然塗料で仕上げました!



 




工程をまとめたレポートです。




完成品は小物入れとして活躍中です!!



いまさら聞けない 丸志木材と てんりゅう材と 防耐火建築物と

てんりゅう材の利用拡大の可能性を探りに
セミナーにいってまいりました

防耐火建築物と木材を使った「あらわし」について、燃えぬけない建築資材として木造建築物が見直され、CLTを採用した大規模建築物の頻出により、
国交省の新しい告示がつぎつぎ実用化されている今、いろいろ可能性を感じました

講師紹介:安井昇講師
建築設計と防火研究の二足のわらじ
1968年京都に生まれ、高校卒業まで京町家で育ち、実家が三代続いた建具屋、
工場には曳き板や木材があふれ、木造に自然と慣れ親しみながら

東京理科大学を卒業し、一旦は積水ハウスに入社、木造の設計がしたいと
自分で設計事務所を始めることに

時を同じくして大学時代の恩師長谷見雄二先生が建築研究所から早稲田大学に移ることをうけて、2001年に社会人ドクターとして大学院に入学、

京町家など伝統木造建築の防火性能の再評価を京都の人たちと始め、建築設計と防火研究の二足のわらじを履くことに

準防火地域に京町家様式住宅の建設が可能に
積極的に木材を使う設計手法
伝統木造の外周部材(外壁、軒裏、開口部)の防火性能の再評価をテーマとし研究、
その成果が2004年の国土交通省告示に
この告示により、準防火地域に京町家様式(木造土壁、木材あらわし軒裏)で住宅の建設が可能となる
木造は火事に弱いと考えられているが、防火性能を向上させる手法はあり、意匠との整合性をとりながら
防火上安全な仕様を考えることを命題とし研究されている
構造体や仕上げに積極的に木材を使った木造らしい住宅の設計手法についての第一人者





木造建築物の防耐火最新動向桜設計集団一級建築士事務所代表安井昇講師・燃やして壊す設計事務所主宰(東京・京都・八ヶ岳)

動向大きく2つ
①準防火地域_あらわし木造※不燃処理なしで​​

②木造構造建築物が頻出

・国交省・林野庁が主となり火災実験をおこない国交省告示をとり実用化している
・木材(焼杉) 安全に燃えるという考え方 木材_水分を蒸発させない限り燃えない
・都市を木造化・木質化する NOP法人team timberize も主宰
・伝統的な材が外装材(焼き杉、漆喰)として見直されている
・準防火地域でおきた大火災(新潟糸魚川市)既存不適格住戸 燃え残った一棟 
・燃え尽きないではなく燃え抜けない建築物
→石膏ボード15分、土壁、漆喰
・山にある木材をどう使うか・赤身の燃えにくさ→山で勝手に防火材ができてきている
・建物の燃え方をコントールできるか
・構造躯体 燃え抜けない 燃えて壊れない
・内装の燃え広がり方_内装をどう安全に設計するか
・木材で内装制限をかけられないか

新たな認定を取るためのとりくみ
・耐火建築物(RC造と一緒)
・準耐火建築物(1時間 45分 30分)
・木を使った耐火認定がメーカー発だけではなく増やしていきたい
・JBN15mm+石膏ボードで防火認定
・天井不燃+木質壁

・木住協の被覆型認定
・H21国交省告示225号
・国交省建築基準整備促進事業のうち8項目/12項目は木造に関わるもの
 (例えば防火設備(窓)に関する告示を検討中)


新たな認定取得の取り組みも関係団体からの熱い要望が寄せられており実現可能性も高まりスピードが早まっていることを感じた

てんりゅう材の耐火認定材もご紹介して利用範囲を拡げていきたいとおもいます










今年もまた・・・!


こんにちは!


3連休は台風の影響でお天気も悪かったですね。


今日は東京はお天気のようですが…


各地で台風や雨の被害がこれ以上大きくならないことを願うばかりです。


 


さて、今年ももうすぐ東村山市のお祭りのひとつ「どんこい祭」の季節がやってまいりました!


丸清は昨年に引き続き、今年も出店することに決まりました!!


今年は、「ecomokoのからあげ」「天竜材のスタッキングシェルフ」を販売します^^


 


「ecomokoのからあげ」は、実はお肉を使っていないのです。


畑のお肉といわれている大豆タンパク「タプロ」を使った唐揚げなんです!


言われなければ普通の鶏肉の唐揚げだと思ってしまうような食感なのに、とってもヘルシー&低脂質です。


食べたことのない方はぜひ一度食べに来てください^^


 


「天竜材のスタッキングシェルフ」はすでにキットになっているものを販売させていただきます。


(完成品ではないのでご注意を…)


そして、今回はその場で組み立てて帰っていただくこともできるようなスペースをご用意いたします!


スタッフが優しくサポートしますので、お子さまでも簡単に組み立てられますよ^^


そしてなんと、事前のご予約で、通常価格1500円が1000円となります!!


とってもお得ですよ~!!


詳細はこちらにのっていますので、ぜひご覧ください^^


 


 丸清は長い間、地域に根付いている工務店であり、地域密着を大切にしてきました。


ですので、こういった地元の方たちと直接触れ合える機会というのはとても大事だなぁと思っています。


スタッフも大変ではありますが、一致団結してどんこい祭を盛り上げていきたいです(*^^)v


ぜひ遊びに来てください!!


 



秋の楽しみ!!


 


ここ最近は暑い日が続いていますね。


寒くなったり、また暑くなったりで体調には十分お気をつけ下さい!!


 


 


さて、もう9月に入り、秋が近づいてきましたね。


そして今年も「食べ物の秋」がやってきました。


先日、今年初めて自宅でサンマを焼いて食べました。


煙がモクモクではありましたが、最高のひと時を過ごせました!!


またサンマ食べたいなぁと思った時に、なんと・・・!!


 


いつもお世話になっているお客様よりすだちを頂きました!!


 


 


 


今日の夕飯はサンマで決まりですね!!


 


 


 



夏の終わりに



 


家族中忙しくてお休みの日も家にいる時間のない我が家ですが、


今年の夏は家庭菜園にチャレンジ。
冷夏とはいえ、こんな立派なスイカを一つだけ収穫。
その他ミニトマト、きゅうり・・・
初心者であり、素人であり、研究熱心でなく、常に行き当たりばったり・・・
それでもおひさまと水と、土があれば育つものです。
課題は『蚊』。
外に出れば蚊と葛藤。
雑草抜きをやっているのか蚊を退治しているのか、
かけている時間はどっこいどっこい。

割った写真がありませんが、皮が薄く、実が赤いみずみずしい
甘いスイカでした。


furuyama


 


 


 



中野区中央 分譲現場 本日上棟!

本日、分譲現場、上棟しました!

木造3階建て。最近は小雨が続いていましたが今日は少しずつ日差しが差してきて、気持のよい上棟日でした。無事、上棟できてほっと一安心でした。






5A46.jpg



早朝準備





5A86.jpg



1階桁架け





5A96.jpg



2階梁





5A97.jpg



建入れ直し
お問い合わせフォーム
Page Top Page Top